#handstandeveryday

#handstandeveryday

こんにちは!

DAスポーツアカデミー名古屋瑞穂校トレーナーの井上皓太です。

今回は
『handstand=倒立』
についてお話しさせていただきます。

handstandついて話す経緯

最近趣味で毎日倒立をして、プライベートのインスタグラムに投稿しています。笑

元々は昨年4,5月の自粛期間中に、部屋の中で何かできないかと思ってなんとなく続けていました。
最初は全くでしたが、壁に足をかけのて腕立てや、壁なしでキープくらいまではできるようになりました。

その時はスペースもないのでその場でキープする程度でしたが、今は休憩中などにジムで急に倒立歩行をし出す始末です。

そこで感じたメリットが、いかなるスポーツにも応用可能ではないかと思い、お伝えしようと思った次第です。

handstandに必要な身体機能とメリット

もちろん続けるからにはそれなりの理由があります。

handstandに必要な身体機能の中に、
胸椎の伸展
肩甲骨周辺の安定性
体幹のバランスコントロール

が挙げられると思います。

自分も含めて、特に子供たちには胸椎の伸展不足で肩甲骨の動きが悪い傾向があるように普段のレッスンから感じます。

これは“円背”と呼ばれる、不良姿勢の一つで、よく使われる言葉に直すと“猫背”とも言えます。(図右)

参考:公認アスレティックトレーナー専門科目テキスト5巻

この姿勢は、胸椎の伸展(胸を張る動き)と回旋(捻る動き)を制限してしまいます。

また、股関節の動きにも悪影響を与えやすくなり、スポーツ全般・普段の生活のパフォーマンスにも関わってきます。

これを改善する方法の一つとして“handstand”を提案したいのです。

胸椎の伸展を自然と出し、肩甲骨周囲筋にも刺激が入るようになります。

逆にいえば、ここの機能が保てていると
普段の生活やスポーツ場面で良いパフォーマンスを発揮することに繋がります!

私はこの影響で姿勢が良くなったのか、自粛期間明けに行われた大学の身体測定で約1cm身長が伸びたんです👀

DASAの運動能力アップコースでは、36の基本動作を鍛えるトレーニングを行います。
この動作の中にも「さかだち」は含まれており、これらの機能を鍛えるプログラムとなります。

全てのスポーツに通じる力を身につける、オススメのコースです。
是非DASAで一緒に楽しく鍛えませんか?

お待ちしております!

明日3月19日、大学の卒業式を迎えます。
制限下ですが、無事に式が開催されたことに感謝致します。
気持ち新たに、より一層頑張ってまいります。

今後ともよろしくお願い致します。

ではまた次回です!

DAスポーツアカデミー名古屋瑞穂校
トレーナー 井上皓太